オンラインカジノと税金│オンカジの評判

オンラインカジノと税金

Tax

オンラインカジノで大金を当ててハッピーな気分を味わっていた時、友人に言われた一言。
「オンラインカジノは税金払わなくていいの?」という考えもしなかった点を不意につかれた。。。
せっかく楽しく遊んでお金もゲットしたのに脱税なんて言われたくありませんよね。
そんな同じ境遇のあなたの悩みを解決します!

オンカジで得たお金は一時所得に該当する

結論になりますが、オンラインカジノの利益は一時所得という収入に分類されます。

競馬や競艇などと同じ分類で、一時所得の計算は「一時所得=勝利金-ベット額-特別控除額(50万円)」という計算方法です。

そして1月1日から12月31日までの年間の計算で、一時所得の半分を確定申告で支払う必要があります。

例えば、ルーレットの赤に50万円を賭けたとしましょう。

当たれば勝利金は100万円となりベット額が50万円となりますね。

50万円の利益になってはいますが、特別控除額が50万円差し引かれるので±0円となり、課税対象にはなりません。

ただし、気を付けてほしいのが一時所得は「年間の合計利益」で計算をされますが「負けた場合のベット額は考慮されない」という点です。

例えば1月1日にルーレットで3回勝負しました。

  • 1回目は50万円賭けて当たり100万円に(利益50万円)
  • 2回目は50万円賭けてハズレ(損失50万円)
  • 3回目は50万円賭けて当たり100万円に(利益50万円)

上記の場合、合計ベット額は150万円で勝利金が200万円で利益が50万円です。

だったら特別控除額の50万円を差し引くので±0円となり、課税対象にならないと思いますよね。

ですが、一時所得は負けたときのベット額は支出をして計算されません。

つまり、合計ベット額は1回目と3回目の100万円で、勝利金が200万円という計算をされてしまいます。

となると利益は100万円になりますから、特別控除額50万円を差し引いても50万円が課税対象となります。

支払うのは半分ですから、確定申告で25万円を払う必要があるってことですね・・実際には3回の勝負で利益は50万円なのに。

現在の法律では上記になっていますが、オンラインカジノの法律が整備されれば改正される可能性はあります。

あくまで趣味としてやってる場合は一時所得となるという事です。

 

課税対象になるタイミングは?

オンラインカジノで勝った際、翌年に確定申告をする必要があるのか?と気になるところですが、そうではありません。

先ほどお伝えしたように、年間で勝利金が50万円未満であれば控除額50万円を差し引くので、確定申告して納税をする必要はないです。

できることなら、勝ち負けを1ゲームずつ帳簿につけて収支表を記録して置くのが一番良いかも知れません。

厳密にはプレイ履歴をスクリーンショットなどで残して置くと良いかも知れません。

全てを集計して、年間で50万円を超える勝利金であれば納税する。これがベターなやり方でしょう。

帳簿もスクショもめんどくさいって方でも、入金したときとエコペイズやアイウォレットへ出金したときの金額は、帳簿につけておくのはおすすめします。

 

脱税はダメだけど、税金対策はできる!!

 

オンラインカジノの税金対策としては、趣味ではなく「仕事」として投資すれば問題ないかという意見です。

競馬で億単位の利益を出して問題になった事件がありましたが、結局は利益を上げるためのビジネスとして争ったわけです。

つまり、カジノの専業としてやっているという証拠と根拠。

もしくはオンラインカジノに関するビジネスとして、どうしてもプレイ画面や動画を配信するための経費として計上するなど、やり方はいろいろありそうです!

もっと言えば法人にしてちゃんとした会社の仕事であると説明できれば、カジノで使ったお金だけじゃなく、懇親会などで教えたときの飲食費も経費になりますよね。←あくまで案なので、法人にできる難易度はわかりませんが、、、、

 

オンラインカジノがグレーである間は、この税金問題もややこしいかもしれません…。

めんどくさい事を避けるために、最低限入出金の記録は残して置くと安心です。

オンラインカジノの法整備関係や、税金に関する新情報が入り次第随時アップしますので、

引き続き当サイトをチェックしてくださいね!ツイッターで記事の更新が確認できるので、
アカウントを持っている方は、こちらもフォローお願いします!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする