悪質オンラインカジノの見分け方を解説!│オンカジの評判

悪質オンラインカジノの見分け方を解説!

日本でギャンブルは少なからずマイナスなイメージがありますが、海外ではカジノや賭博などのギャンブルが法的に認められている国が多いが現状です。

海外では合法とされているため、運営先を海外にしているオンラインカジノもたくさん存在しています。

たくさんある中の全てのサイトが合法ではないのが現状です、、、
悪質な詐欺カジノがいくつも混在してしまっています。

もちろん、善良なオンラインカジノも多く存在しますが、同様に悪質なオンラインカジノも存在しているという事です。

ここでは、悪質な詐欺カジノを見極めるポイントを書いていきます。

 

※要注意カジノのポイントはこちら!

詐欺カジノの中にもいくつか種類があるので注意してください。
・賞金の支払いを行わない詐欺カジノ
・サイトを急に閉鎖する詐欺カジノ

詐欺カジノチェックポイント!

・ライセンス取得していない

・運営者情報がサイトに明記されていない

・カスタマーサポートに問い合わせても返事が来ない・遅い

・支払い関係が遅い

・ソフトのバグが多い

・ボーナス情報が明らかに桁違い

・他と比べて条件が良すぎる

・利用規約が突然変わる

・監査機関が定期監査をしていない

注意するべきポイントは、ライセンス以外にもたくさんあるんです! 支払いが止まったり、遅れるサイトは資金不足が考えられるので気をつけましょう!

 

日本語対応のオンラインはすべて危険なのか…

運営が日本企業のオンラインカジノは違法ですので、ここでは海外サイトの日本語対応しているオンラインカジノの危険性について話します。

悪質なサイトとの見極めが難しいのが、日本語に対応している海外企業運営のオンラインカジノです。

一見すると、日本語に対応したオンラインカジノは安全そうに見えます。

確かに意味が分からない単語がないので、そう感じるのも無理はありません。

しかし、過去の例を見ると、日本語に対応していても悪質なカジノである可能性は捨てきれないのが現状です。

日本語に対応しているオンラインカジノも、英語のオンラインカジノ同様にしっかりと注意するべきです。

過去の事例でも、運営企業は海外でしたが「日本人ディーラーとゲームできる」というオンラインカジノでプレイした日本人プレイヤー3人が逮捕されるという事件が起きました。

この事件は、のちに不起訴処分となりましたが、明らかに日本人向けに運営されているオンラインカジノは、避けた方が良いかもしれません。

 

ライセンスをどこの国で取得したのかもかなり重要!

オンラインカジノで遊ぶ際、どのサイトでもライセンスの有無の重要性は注意するように言われていますが、気をつける点は、

ライセンスを持っているだけでは有りません!!   ライセンスにもランクがあることをご存知でしょうか?

ライセンスは各国政府から発行されますが、ライセンス発行の審査基準は国によって違うのです。※重要

審査が非常に厳しい国もあれば、高い料金を払えばほぼ審査なしで取得できる国まであります。だからこそ、ライセンスを持っているだけで安心できないんです。

例を出すと、中南米あたりの、ベリーゼ、コスタリカ、パナマなどの政府が発行しているライセンスは、信頼性が弱いと言われております。

逆に、ヨーロッパ近辺のイギリス、キュラソー島、マン島、マルタ共和国、などの国が発行しているライセンスは、審査が厳しく取得が非常に難しいと言われております。

オンラインカジノ側は、必ずサイト内にどの国からライセンスを取得しているかを、明記しているので、どこで運営ライセンスを取得しているかは、必ず確認してから登録しましょう!

暇つぶしや、趣味で遊ぶオンラインカジノで、大金を騙し取られたり、犯罪だと言われたりするのは避けたいですよね。

これから始める方は特に、現在すでにプレイしている方も、1度サイトの中身を見直して安全なサイトを見分けられるようになりましょう!安全なサイトであれば、お金だって増やせるし、何よりも楽しくプレイできますからね!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする