【ナガコープ】カンボジアNo.1 IR企業が長崎誘致に関心!│オンカジの評判
ナガコープ

【ナガコープ】カンボジアNo.1 IR企業が長崎誘致に関心!

カンボジアIR産業を独占!『ナガコープ』の正体に迫る。

プノンペン(カンボジア)の「ナガワールド・リゾーツ」を運営する「ナガコープ」は2019年現在も収益を20%以上成長を続けており、プノンペン周辺200km圏内のIR事業独占営業権利を保持し、プノンペンへの観光客を独占している状態です。

この成長の理由は、訪問観光客の3分の1以上を占めている中国人にあるといわれています。
東南アジア諸国への中国人の訪問客はさらに増加しており、同年1~7月におけるカンボジアの外国人訪問客数は前年比11%増の380万人、国別で中国人だけで37%も増加しており、約半年間で150万人を超えております。

ナガコープは、2017年に「ナガ2」をオープンし、今までの売り上げが約2倍に。
今後、さらに中国とカンボジア間のアクセスが増えることが予測され、2025年までには年間500万人の中国人観光客がカンボジアを訪れるようになると推測されています。

これからも成長を続けるカンボジアで、ナガコープの成長は約束されたも同然です。

カンボジアでの成功で日本市場にも参入か?

プノンペンを中心にカンボジアで成功を収めた『ナガコープ』は、「ナガ3」の建設発表をするやいなや、日本IR事業にも関心があると発表しました。

日本の候補地の中から、有力なIR候補地とされる長崎県佐世保市への関心があるようで、九州でのIR事業が一気に盛り上がっている状況です。

6月に佐世保市で開かれたIRセミナーでは、大型IRを運営している事業者を代表して登壇し、これまでに展開してきた事業や今後の構想として、地域活性化や雇用拡大などのメリットについて積極的にアピールを行いました。

長崎県では10月1日には各事業者からIRコンセプト募集を開始し、「九州・長崎IR基本構想」をもとに早い段階から事業者との相互理解を深め、2024開業を目指す方針を発表しています。

大阪や横浜などと並ぶ有力候補地である長崎でIR施設ができると、九州を訪れる観光客が増え、さらなる活気が見込める。

オンラインカジノの紹介!

カジノをやってみたいけど海外に行く時間はないという方に、

どこでも、いつでも自分の好きな時にカジノを楽しめる!

オンラインカジノをおすすめします。

今すぐ、カジノを体験してみませんか?

 

この記事のタイトルとURLをコピーする