【マカオ】サンシティ グループ遂に日本和歌山に法人設立!│オンカジの評判
サンシティ

【マカオ】サンシティ グループ遂に日本和歌山に法人設立!

マカオ最大ジャンケット『サンシティ』和歌山でIR参入を発表!

和歌山への参入の意欲を公表しているのは、サンシティ グループを含めて3社目になりました。

・フランスのバリエール

・フィリピンのブルームベリー

サンシティ グループ

サンシティ グループとは

2007年に創設されたサンシティ・グループは、各国のカジノでVIP向けのサービスを提供する「ジャンケット」と呼ばれる業者として知られているマカオの企業です。

カジノに関してはジャンケット業を中心としており、IRの運営自体への挑戦は初の試みですが、

レストラン経営やスマホアプリでの飛行機等のチケット予約、映画のスポンサー、コンサート主催といったエンターテインメントに関わる幅広い事業に携わってきた経験があるので、IR開発に必要なノウハウとネットワークは十分に備えています。

一番のストロングポイントは、サンシティはジャンケットで培った中国人VIPの送客力が活用できると判断。

大手IR事業者とはまた異なった角度からのアプローチが期待できます!

サンシティグループ和歌山県IRシンポジウムにも参加!

サンシティは、8月26日に和歌山商工会議所で行われた『和歌山県IRシンポジウム第4回』に参加し、他の事業者と同様、和歌山IRについて強い意欲をアピールしました。

サンシティが掲げるコンセプトは、文化遺産「和歌山城」、自然遺産に万葉集に描かれた「和歌山の自然」、地理遺産では海に囲まされた「和歌山県の港」をコンセプトとしてIRに取り入れ、再現する計画であると説明!

カジノファーストではなく、あくまで和歌山県が大切にしてきた日本の伝統文化をメインとした新しいIRリゾートを目指し、「豊かな自然と歴史を組み込んだIRリゾートを、和歌山の県民と一緒に実現させたい」との意を示しました。

このシンポジウムには、以前から和歌山での事業展開を表明していたバリエールブルームベリーも参加しており、それぞれが掲げる和歌山IRについて説明を行いました。

 

和歌山県は、誘致のための予算規模も大きいため、かなりの本気度を感じます。地方でありながらIR事業者の注目も高い和歌山の動向は要チェックです!

 

カジノプレイユーザーの人口増加も期待!

また、IR誘致が活発になることによって、カジノがギャンブルのイメージでなく、リゾートイメージに近づく事も期待されカジノプレイユーザーの人口は今後増加していくことが予想されます。ニュースでIR、カジノなど多く聞こえてくる中、一度やってみたいと気になっている方も多くいる方思います。

 

しかし、「いきなり、ラスベガスやマカオへ行ってみるのは少し勇気がいる・・・」「カジノってたくさん資金がないと楽しめないのでは・・・?」と不安に感じている方も多い方思います。そこで、オススメなのがオンラインカジノです。自宅にいながら本番さながらのカジノゲームが楽しめます。

 

また、資金面に関しても1万円など、少し奮発する程度で気軽に始められるのでカジノデビューにはオススメです!もしかしたら明日の億万長者はあなたかもしれません・・・!!!

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする