【IR】大阪 ミナミに最新型防犯カメラを設置。目的は治安向上│オンカジの評判

【IR】大阪 ミナミに最新型防犯カメラを設置。目的は治安向上

ミナミに最新型防犯カメラを設置

大阪府警では大阪・ミナミに最新型の防犯カメラシステムを導入する方針を固めました。

 

ミナミの繁華街
出典:itmedia

2018年に大阪を訪れた外国人観光客は過去最高の1142万人で、5年間で4倍以上。
また、同局のアンケートでは8割近くの人がミナミにある「道頓堀(心斎橋・難波)」を訪れたと回答しています。

 

道頓堀

 

そんな観光都市、大阪で今回カメラシステムを導入する背景には、現在有力視されているカジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致と2025年大阪で開催される関西万博の開催が大きく関わっています。

IR誘致や万博開催に伴い課題となってくるのが”治安の向上”

ミナミの治安

先ほどもご説明したように、近年、大阪・ミナミでは訪日外国人客が増加する一方、観光客が不良集団からぼったくり行為や悪質な客引きなどの被害に遭う事件が多発しているのだそう。

 

これを受け大阪府警はカメラシステム導入にのり込んだのではないかと考えられます。
そしてこの新システムには捜査力の強化に加え、犯罪抑止への期待も寄せられています。

 

IRについてはこちら
【解説】IRとは?メリットデメリットまで解説します!

 

9日、大阪の経済界や地域の代表者が集まる「ミナミ活性化協議会」の代表者会議が開かれや際に大阪府の吉村洋文知事は

 

吉村洋文知事
吉村洋文 公式サイト
「大阪が安全で安心して訪れることができる都市とアピールし、
より多くの人に訪れてもらうにはミナミの治安情勢が必要となる」

 

 

とミナミの治安情勢に対し、こう話していました。

更に府警幹部は

府警幹部
「大阪は安全な国際都市として世界に認識されている。
そのイメージを維持するためにも、犯罪を絶対に許さないという姿勢をみせることが重要だ」

 

とシステム導入の意義を説明しています。

更に、大阪市中央区にある「戎橋筋商店街」理事長の菊地正吾さんは、

 

菊地正吾さん
「万博やIRなどを見据え、多くの人を受け入れる環境作りを進めないといけない。
プライバシー保護の懸念もあるが、犯罪の抑止や解決につながり、観光客が安心してミナミを楽しめることが一番だと思う」

 

と話しました。

大阪、誘致成功なるか?

大阪ではこれ以外にもギャンブル依存症の対策を府独自で行う他、IR誘致に成功した場合の経済効果を公表。
日本の中でも誘致に対しかなり積極的な動きを見せている大阪。

 

果たして、誘致は成功するのか?
今後の動きに目が離せません!


関連記事はこちら!
【IR】大阪IR 2事業者が応募!
【大阪・横浜IR】ゲンティン 日本参入を株主承認
【IR】大阪府、独自でギャンブル依存症の調査
大阪府大阪市、IR実施方針案を公表

この記事のタイトルとURLをコピーする