マカオ カジノ営業再開を慎重に検討│オンカジの評判

マカオのカジノ営業再開はいつ?

マカオ特別行政区政府は、マカオ市のゲーミング営業が2日20日に通常業務を再開するかどうかについて依然、曖昧なままになっています。

経済財務長官のレイワイノン氏によると、新型コロナウィルスの感染状況を継続し見守る一方で、衛生局とコンセッション保有6社と継続的に連絡を取りつつカジノの営業再開について話し合いを進めていると述べました。

 

レイ氏は、13日の記者会見で「全体の状況を慎重に評価しつつ、カジノの営業再開に向けた関連業務を準備する必要がある」と述べました。

マカオ経済は、現在は正式にCOVID-19として名付けられている新型コロナウィルスにより、市の41全てのカジノを15日間閉鎖したことで、観光客数の大幅減少という稀な課題に直面しています。

また、政府は多くの地元の商店や企業が政府の要請に応じて閉店しているため、住民は家にいるよう促しています。

経済を刺激するために、政府は13日に220万パタカ(約3,019万円)の国内消費計画を含む270億パタカの再生化計画を発表した。消費計画では、マカオの全居住者が今後3ヶ月以内に地元企業で使える3,000パタカの電子商品券を受け取ることとなっています。

マカオの観光産業に対するいくつかの税は、免除または控除されます。

  • クラブ・ホテル・ジム・カラオケクラブの5%の観光税

6ヶ月間免除

タクシーやホテルの運転手などの事業用自動車の免許税は払い戻されます。

居住者の場合

3月から5月までの公共料金は免除されますが、

  • 住宅税
  • 専門家税
  • 補完税

控除

少なくとも2年間営業している中小企業(SME)は、利子なしで最大600,000パタカNO財政支援を申請することができます。

一方、政府は通常よりも早い時期に例年の現金共同化計画を発令します。
4月には、永住者は10,000パタカ、非永住者は6,000パタカの現金交付金を受け取れることになります。

経済の再活性化対策の費用は約200億パタカ、キャッッ主シェアリング計画は約7億パタカになる見込みです。

ここで良いニュース!
特別行政区内で確認されたコロナウィルスに
感染した10人の患者のうち3人の患者が回復し
病院を退院しました!!