【IR】統合型リゾート産業展の会場内を調査!│オンカジの評判

【IR】統合型リゾート産業展の会場内を調査!

カジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致に向け、1月29日・30日の2日間で「第1回統合型リゾート産業展」が行われましたね。

今回はこちらの様子を大公開します!

 

統合型リゾート産業展とは?

日本型IRの全貌を知ることができる!

首都圏で初めて開催されるIR産業展示会には、これから構築される巨大な「IRマーケット」への参入のタイミングをうかがっている様々な企業が、多彩な分野の製品・サービスが出展され、日本のIRをいち早く知ることができます!

 

また、本来であれば接触する機会がほとんどないキーマンにも会うことができ、コニュニケーションも取れる。

そして、IR事業社の経営者をはじめ、IRに関わる有識者が登壇する講演も行われ、ここでしか聴くことのできないIRの情報を知ることができます。

会場内に様子は?


産業展の中の様子
出典:ir-expo

 

展示会には、日本への進出を目指すアメリカやシンガポールの事業者6社などが集まりカジノに併設されるホテルや劇場などの華やかな実績を紹介するほか、日本の大手電機メーカーがギャンブル依存症の人の入場を制限するための顔認証ゲートなどを出店。

更には会場を盛り上げようとダンスショーやマジックショーも行われ、会場内は賑わいがありましたが、私達が思い描いている煌びやかな「カジノ」はなく、エンターテイメント性を前面に打ち出されていました。

 

産業展に足を運んだ
ギャラクシーエンターテインメントジャパン最高執行責任者、テッド・チャンは

 

テッド・チャン
出典:西日本新聞
「IR汚職があっても国のスケジュールに遅れがないことを期待するし、
我々のアプローチや計画は変えずに進めるべきだと思っている」

 

と話し、日本のIR参入に対し、積極的な意見を述べました。

横浜市の現在

横浜がIR(統合型リゾート)を誘致する方針を固めたのは昨年8月のことで、横浜市の林文子市長が表明。

林文子市長
出典:はまれぽ

 

横浜市は人口370万人を超える全国最大の都市でIRができれば、投資額も大きいがそれ以上のリターンも期待できます。

市は、昨年暮れまで民間事業者からIRの実現に向けたコンセプト提案を募集したところ、7者からの提出があり、うち6者は名前を公表しており、そのすべてが1月29日〜30日に行われた「第1回[横浜]統合型リゾート産業展」に顔を揃えました。

 

この6者は順にオペレーター講演に登壇し、それぞれの思い描いている投資規模や横浜IRの展望を解説。
うち、「ゲンティン・シンガポール」と「ラスベガス・サンズ」は、日本版IRのお手本になると注目されており、シンガポールのIRを開業していることで知られています。

日系企業として参入意欲を示したのは?

これらの海外事業者に対し、日系企業として「セガサミー」が本格的にIRに参入する意欲を示しました。

 

セガサミー 出展模様
出典:ir-expo

セガサミーはこれまでに香港上海銀行(HSBC)香港本店ビルや大英博物館グレートコートなど多くの世界的建造物を手がけてきた英・建築事務所「フォスター+パートナーズ」と提携し、横浜IRの完成予想モデルを披露し、猛アピール。

 

セガサミーについてはこちらをチェック
セガサミーが日本国内のIR参入に向けて本腰に!
【IR】米カジノ大手 営業停止で赤字1日約3億円

 

同社は17年から韓国・仁川のIR「パラダイスシティ」の事業運営にあたっており、日本から派遣した人材がIR・カジノ運営に関するノウハウを習得。

里見治紀COOはこの産業展で、

 

里見治紀COO
出典:segasammy

「現場経験豊富な日本人による運営で、
横浜IRを世界の観光客から選ばれる“滞在型目的地”にしたい」

 

と語り、横浜にIRを誘致に向けてかなり積極的であることを表明しました。

激戦区 横浜。どうなる?

7者のコンセプト提案を受け取った横浜市は、日本版IRの誘致を目指す自治体の中では群を抜いた激戦区。

 

林市長自らが全18区に出向いての市民説明会も、ここまで10カ所が終わっています。
今後は国からの基本方針発表時期によりますが、市独自のIR実施方針をこの春には策定を開始。
その後、専門委員会を設けて厳しい事業者の選定に入る予定となっています。

どの事業者が勝つのか、気になりますね♪


関連記事はこちらをチェック!
【長崎IR】誘致で周遊観光促進へ
【横浜IR】事業者選定のため専門委員会設ける
日本版IRの全貌をこっそり教えちゃいます♪

この記事のタイトルとURLをコピーする