日本版IRの全貌をこっそり教えちゃいます♪│オンカジの評判

日本版IRの全貌をこっそり教えちゃいます♪

 

海外でカジノが日常的に行われている中、日本でカジノを含むIR(統合型リゾート)の開業を巡り、政府や各地域の自治体が誘致に向けて準備が進められていますね。

日本でIRができた場合、メリットや設置候補地などの他、年齢制限や入場料、ドレスコードなど、色々と気になる点が多いですよね。

今回はそちらについて、関連記事や用語の解説、海外との比較も併せてご説明していきたいと思います!

日本、大きな決断と第1歩

IR(統合型リゾート)整備推進法案、通称「カジノ法案」を2016年12月に成立し、日本でもカジノ解禁への第1歩を踏み出したことで一時話題となったこの法案が始まりです。

 

IRとカジノ法案についてはこちら
【解説】IRとは?メリットデメリットまで解説します!
カジノ法案とは何か?解説します!

 

更に、日本でのカジノの設置箇所は最大3カ所。営業区域はIRの建物床面積の「3%を超えないこと」と規定した上で、
日本のIRはMICEやホテル、エンターテインメント施設などとカジノが1ヵ所に凝縮した施設作りを目指しています。

  MICE(マイス)
Meeting(会議・研修)
Incentive(招待旅行、travel, tour)
Conference(国際会議・学術会議)またはConvention
Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせたもの。企業などの会議やセミナー、報奨・研修旅行、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行などビジネスと関わりがあり多数の人の移動を伴う行事観点から着目した総称。

 

 

マーライオンで有名なシンガポールにある「マリーナベイ・サンズ」と比較すると、

全体の敷地面積が約19万平米(東京ドーム約4個分)
延床面積で約60万平米

とかなりの広さ。
ですが、カジノフロアは、シンガポール政府の規定面積内の1万5000㎡以下に抑えられており、延床面積全体に占める割合はわずか2.5%ほどですが、ギャンブル依存症対策などを行い、開業当初から現在も成功を収めているシンガポールのカジノ。
実は、2014年5月に安倍晋三首相が視察をしており、シンガポールを参考に日本の規定ができたのではないかと思います。

メリットは?

IRのメリットといえばなんといっても経済効果!!!

現在、日本各地でIR誘致を誘致すべく住民説明会など、様々な取り組みを行っています。

IR誘致に向けた大阪市・夢洲の計画図
出典:大阪市

大阪湾にある夢洲(ゆめしま)にIRが開業した場合、開発に伴う経済効果が1 兆3000億円を超え、開業後の近畿圏への経済波及効果は年間7000億円~8000億円にもなるといわれています。そして日本のIRを一目見ようと多くの外国人観光客が訪れ、インバウンドにも繋がることが予想されています。

 

経済効果についてはこちら
日本でIRを導入したら経済効果はどのくらい?
カジノ誕生による雇用への影響

ギャンブル依存症やマネーロンダリングへの対策は?

カジノを含むIRが開業された際の不安要素として挙げられているのがギャンブル依存症やマネーロンダリング。
ギャンブル依存症に関しては、IRの開業を機に依存症のための専用治療プログラムを発足し、気軽に治療を受けられるように保険が適用される予定となっています。

 

ギャンブル依存症についてはこちら
ギャンブル依存症治療に保険適用—来年度からとの方針
IRの懸念を払拭した国とその対策とは?

 

マネーロンダリングに関しては、日本のIRは「世界最高水準のカジノ規制」の元に作られることが、法律で定められています。

  マネーロンダリング 
麻薬取引、脱税、粉飾決算などの犯罪によって得られたお金を架空または他人名義の金融機関口座などを利用して、転々と送金を繰り返す他、株や債券の購入や大口寄付などを行うことで資金の出所を分からないようにして捜査機関による口座凍結や差押、摘発や徴税等を逃れること。

この法律の内容としては、現在様々な対策が講じられていますが、その一部として

・一定額以上の現金取引の届け出の義務化
・チップの譲渡、持ち出しの禁止

などがあります。
これによってマネーロンダリングを防ぐことができますが、その反面、高額を賭けるVIP(ハイローラー)は海外と比較すると少し遊びにくく感じる方が出てくるかと思います。

いくらから遊べる?

日本では300円~1000円を予定しているそうです。

海外と比較した場合、韓国やマレーシア、ラスベガスやモナコなどは日本円にすると100円~300円程度で遊べるテーブルもありますが、平均は1回あたり日本円で500円〜1000円程度。
それに対し、マカオは1回あたり日本円で1000円〜5000円と一気に跳ね上がります。ですが、これが平均だそうです。

 

マカオのカジノ

 

このように、地域とカジノのグレードによって違いが出ますが、VIPエリアの場合、ルーレット1回100万円で設定している国もあるんだそうです。

1回ですよ?!
もう次元が違いますね・・・笑

入場料はいくら?

訪日外国人客は入場無料ですが、日本人のカジノ入場料は1人6000円とするそうです。

ラスベガスのカジノの場合、入場料は全ての施設で無料。
更に、カクテルやビールなどのアルコール飲料も全て無料で提供されているので、比較すると6000円は中々な金額ですね。
その為、ドリンクチケットや1回フリーなど、客に還元するような工夫が必要になるかと思います。

ちなみに、シンガポールでは日本の倍の約12000円の入場料を取っているそうです。
もうテーマパークの入場料より高いです笑

入場できる年齢や制限・ドレスコードは?

入場できるのは20歳以上。
入場回数は「連続する7 日間で3 回まで、連続する28日間で10回まで」と決められており、マイナンバーカードで本人確認を行います。

年齢に関して海外と比較すると・・・

21歳以上19歳以上18歳以上
アメリカ
マカオ 
フィリピン 
シンガポール 
韓国 オーストラリア 
イギリス 
フランス 
ドイツ 
スペイン 

となります。
これはタバコ・お酒がOKになる年齢にも当てはまるようになっているようです。
そう考えると、18歳でタバコ・お酒・カジノがOKというのはかなり衝撃的ですね・・・!

日本の場合もタバコ・お酒は20歳以上なので、この世界基準を踏まえると丁度良いのではないかと思います。

 

ドレスコードに関しては、ヨーロッパの重厚なカジノにあるようなドレスコードはなく、ラスベガスやマカオと同様、カジュアルな服装でも入場を可能にするそうです。

日本版IRこれからどうなる?!

現在、IR誘致を巡り、様々なイベントを開催し、準備を進めている地域がある反面、「カジノは日本には必要ない」と署名を集め、反対活動を行っている地域もあります。

日本版IRは今後どうなるのか、要チェックです!


関連記事はこちら
【IR】どこにできる? 今後の動きまとめ
横浜市、IR誘致関連費4億円 市長方針で大幅増
【IR】大阪府、独自でギャンブル依存症の調査

この記事のタイトルとURLをコピーする