横浜市、IR誘致関連費4億円 市長方針で大幅増│オンカジの評判

横浜市、IR誘致関連費4億円 市長方針で大幅増

画像出典:gooニュース

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進めている横浜市が、来年度の当初予算案に関連費として4億円を計上する方針であることがわかった。

報道によると、横浜市はIR誘致の関連費として来年度の当初予算案に4億円を計上しこのうち、

事業者の公募
選定作業
区域整備計画の策定
2億2,000万円
交通インフラ対策などの調査費9,500万円
市民説明会などの広報費5,500万円
ギャンブル依存症対策の調査費1,000万円

上記を計上する方針です。

 

横浜市は、昨年10月〜12月にかけて、「統合型リゾート(IR)の実現に向けた民間事業からのコンセプト提案募集(RFC)」を行い、IR事業者7者からの提案を受けました。

現在はRFC提案者との対話を行っており、(2020年1月〜3月中旬までの間)その後、実施方針を策定、事業者選定へと移ります。

 

IR汚職事件について市長の林文子氏は…

秋元司衆院議員が逮捕された直後
横浜市は事業者と適正に対応しており、これまで同様、IR実現に向けて公正・中立に進めていきます。」とコメントしました。

IR関連では…

20年度早期に実施方針を公表し、事業者公募・選定を進めるため、監査法人などに専門的な協力を求めます。
また、地域経済振興策の検討や誘致先として想定する山下埠頭(中区)のインフラ・交通アクセスの調査などを行います。
21年度に国に区域整備計画認定申請を行いたい考えです。

市民の懸念が強いギャンブル依存症や治安の悪化については…

「懸念事項対策研究会(仮)」を設置し、IT技術を活用した対策などを検討しています。
各区で行っている市民説明会は3月末で一巡しますが、20年度も市幹部による説明会を続けます。
IR事業を巡っては、昨年12月で汚職事件が発覚し、国会で改めて推進の是非が議論されていますが、林市長は記者会見で「市としては今までのスケジュールで粛々とやっていく」と強調しました。

新たな劇場整備

市が設置した「新たな劇場整備検討委員会」が昨年12月に提出した「整備を推進すべきだ」とする第一提言を踏まえて増額しました。政策局に芸術創造本部室を新設し、施設の規模や設備、運営費の負担のあり方などの検討を進める方針です。

ただ、IR誘致については市民の反対運動が広がっているほか、汚職事件の営業を懸念する声も高まります。
劇場整備は少子高齢化に伴って市税収入の減少が見込まれる中、昨年12月の市議会政策・総務・財政委員会で必要性を疑問視する意見が相次いでいました。

 

いずれも予算案をめぐり、
市議会で厳しい論戦が見込まれそうです。
【関連記事】

 

この記事のタイトルとURLをコピーする