セガサミーが日本国内のIR参入に向けて本腰に!│オンカジの評判

セガサミーが日本国内のIR参入に向けて本腰に!

日本国内のIR参入に向けて本腰!!

セガサミーホールディングス
出典:segasammy

東京に拠点を置くサミー」と大手ゲームメーカーのセガグループおよび両社の関連会社の持株会社で知られる「セガサミーホールディングス」が、日本のIR(統合型リゾート)事業参入に向けた取り組みを本格化することを決めました。

セガサミーとは?

パチスロやパチンコ、北斗の拳やソニックなどのキャラクターが登場するデジタルコンテンツや家庭用ゲームを開発する他、有名ゲームセンター「SEGA」などのアミューズメント施設を開業させるなど、ゲーム分野で高いシェアを誇る大手ゲーム会社です。

 

出典:segasammy

 

この他にもセガサミーは、事業戦略の最重要テーマとして、宮崎県の「フェニックス・シーガイア・リゾート」や韓国初のIR「パラダイスシティ」を運営し、リゾート事業の育成・強化を行っている。

韓国のパラダイスシティ
出典:segasammy

 

そんなセガサミーホールディングスが日本国内のIR参入へ本腰を入れることを決め、動き出しています。

世界的に有名な著名人や企業と契約

国内のIR参入する為、セガサミーホールディングスは世界的に有名な著名人や企業と契約。

世界を代表する建築家ノーマン・フォスター氏率いるイギリスのフォスター+パートナーズ(Foster + Partners)と戦略的業務提携を締結。両者の強みを生かし、協業することで、IRでの新たな価値を創造していくことを目的としているそうです。

 

フォスター+パートナーズ
出典:森美術館

 

また、日本を代表するマーケター森岡毅氏率いるマーケティング会社「刀」とも戦略的パートナーを締結。
森岡氏は、 経営危機に立たされていたUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のV字回復の立役者として名を残しており、候補エリアのひとつ、横浜でのIRの実現に向け、既に日本型IRの事業プラン設計・構築に取り組んでいるとのこと。

 

さらに、ミシュラン3つ星を毎年獲得している日本を代表する料亭「京都吉兆」とプロデュース契約も締結し、日本で展開するIR施設において本格料亭旅館の企画や開発を共同で進めていく予定。

 


京都吉兆 嵐山本店
出典:京都吉兆

今後の計画

セガサミーは1月29日からパシフィコ横浜で開催される「第1回[横浜]統合型リゾート産業展」に出展し、日本のIR参入に向けて、着々と準備が進められています。

現在、IRに関しては汚職事件が注目されていますが、セガサミーの今後の動向にも注目です!


関連記事はこちらをチェック
【IR】IR整備の基本方針決定を当面見送りに
【横浜IR】横浜市、IR誘致推進事業費 4億円
和歌山県、IR誘致に向けて決意表明!

この記事のタイトルとURLをコピーする