【IR】IR整備の基本方針決定を当面見送りに│オンカジの評判

【IR】IR整備の基本方針決定を当面見送りに

IR整備の基本方針決定を当面見送りに

IR(統合型リゾート施設)建設をめぐる汚職事件を受けて政府は今月中にも行うとしていたIRの整備に向けた基本方針の決定について、
当面の間、見送りにする決断をしました。

 

汚職事件に関してはこちらをチェック!

 

政府はIR整備に向けて去年9月に整備区域を選定する際の評価基準などを盛り込んだ基本方針案を公表し、今月中にも正式に決定する予定となっておりましたが、
IR事業を巡る汚職事件で野党4党などが20日にIRの整備を中止させるための法案を国会に提出し、追及を強める姿勢を示していることを受け政府は国会審議の状況などを見極めるために基本方針の決定を当面見送にし、さらに慎重に検討を進めていくという判断を下しました。

 

IRの整備を中止させるための法案を共同提出した
立憲民主党の安住国会対策委員長(左から2人目)と野党各党の国対委員長
出典:jiji.com

 

今後の流れ

政府は汚職事件の全貌解明を踏まえ、基本方針とともに、カジノ事業者が「カジノ管理委員会」の委員と接触する際のルールなどについても議論を進めていく方針。

自由民主党所属の西村明宏官房副長官はIRの基本方針決定時期について20日の記者会見で、

 

西村明宏
房副長官
国土交通省が関係行政機関と協議をしている最中で、
それ以上のコメントは控える。

出典:自民党

と述べるにとどめました。

また、政府は基本方針を決定後の来年1月からIRの誘致を目指す自治体からの整備計画の申請を受け付けることにしていますが、
政府関係者は「整備に向けたスケジュールに影響はない」と述べています。

先送りが現実に

IRを巡る汚職事件が発生し、野党が批判を強めていることから、
以前から先送り論が浮上していましたが、今回現実のものになりました。

IR誘致に関する今後の動向に注目です!


関連記事はこちらをチェック!
【IR汚職】加森観光・元政策秘書、在宅起訴へ
【横浜IR】横浜市、IR誘致推進事業費 4億円
【JNN世論調査】IR「進めるべきだと思わない」約6割
【IR汚職】誘致検討中 他候補地の反応は

この記事のタイトルとURLをコピーする