【IR】カジノリゾート「ハラーズ・リノ」閉鎖。│オンカジの評判

【IR】カジノリゾート「ハラーズ・リノ」閉鎖。

カジノリゾート「ハラーズ・リノ」閉鎖

アメリカ・ネバダ州リノにある「ハラーズ・リノ・ホテル・アンド・カジノ」が82年という長い歴史に幕を閉じることになった。

 

ハラーズ・リノ・ホテル・アンド・カジノ
出典:booking

ハラーズ・リノ・ホテル・アンド・カジノ(以下「ハラーズ・リノ」と称す)はネバダ州リノの中心部に位置する宿泊施設で、スロットマシン、テーブルゲームなど、24時間楽しめるカジノと8軒のレストランが併設。



ホテルのすぐそばにはゴルフ場の他に「世界で一番大きい小都市」という街の愛称が入ったアーチ形の看板が建てられており、フォトスポットにもなっています。

気になる宿泊関連クチコミスコアでは8.1”という絶大な支持があり、人気な宿泊施設となっています。

 

そんなハラーズ・リノが閉鎖される理由とは?

消費者の間でカジノへの関心が低下

ハラーズ・リノのカジノ収入は、2000年では8億5900万ドルでしたが、年々減少し、2019年では6億2800万ドルという結果になっていました。

 

その背景として、消費者の間でカジノへの関心が低下していることが関係しており、
近年カジノ運営会社は娯楽や会議、コンベンションやスポーツくじなど、別の事業分野への投資を迫られています。

 

その結果、ハラーズ・リノを運営するカジノリゾート運営大手「シーザーズ・エンターテインメント」がラスベガスの不動産開発会社「CAIインベストメンツ」(以下「CAI」と称す)に5000万ドル(約54億9000万円)で売却し、閉鎖する方針を固めました。

今後どうなる?

CAIはハラーズ・リノを買収後、ギャンブルを含まないリゾート施設に再建する予定を立てているとのことです。

日本ではIR(統合型リゾート)を巡り、各地で様々な動きがありますが、
海外のカジノ事情も要チェックですね!


関連記事はこちらをチェック
汚職事件 観光会社、秋元議員の旅費負担か
秋元司容疑者再逮捕へ 賄賂総額700万円超か
【JNN世論調査】IR「進めるべきだと思わない」約6割
【IR汚職】誘致検討中 他候補地の反応は

この記事のタイトルとURLをコピーする