【横浜IR】横浜市、IR誘致推進事業費 4億円│オンカジの評判

【横浜IR】横浜市、IR誘致推進事業費 4億円

IR誘致に4億円の予算案

14日、横浜市が2020年度当初予算案に、IR(統合型リゾート)誘致の推進事業費で4億円計上することが分かりました。

この予算案は、昨年林文子市長が誘致を表明してから初めて編成されるものです。

横浜市はIRについて2014年度から18年度まで毎年度当初予算に、調査費として1000万円を計上していました。(市長選が行われた17年は執行されず。)

今回分かった「4億」という大きな数字は、一体なにに使われるのでしょうか。

4億はどこへ 使い道は計画策定などに

どうやら使い道は以下のように割り当てられるようです。

  • IR事業者の公募・選定や区域整備計画の策定・・・2億2000万円
  • インフラや交通アクセス対策などの検討・調査・・・9500万円
  • 広報よこはま特別号の配布など・・・5500万円

今までに市民の誘致反対運動など、様々な問題を抱えてきた横浜市ですが、「4億」ともなるとさらなる反対が予想されます。

横浜にIRの誘致が実現した場合大きな経済効果が見込めるとされていますが、その実現には大きな壁が立ちはだかっているかもしれませんね。


関連記事はこちら!
横浜市、IR市民説明会を開催

横浜市、IR誘致 住民投票のための署名受任者1.3万人集まる

【IR誘致】横浜市、第2回説明会を行うも市民からは不満の声も

米大手カジノ運営ウィン、IR候補地を横浜に

この記事のタイトルとURLをコピーする