秋元司容疑者再逮捕へ 賄賂総額700万円超か│オンカジの評判

秋元司容疑者

画像出典:朝日新聞デジタル

総額700万円超に

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職問題で、東京地検特捜部は、衆議院議員の秋元司容疑者(48)を贈賄側の中国企業「500ドットコム」側から新たに発覚した別の収賄容疑で勾留期限の14日にも再逮捕する方針を固めました。


中国企業側から「講演料」の名目で現金200万円を受領したほか、

中国企業本社(深セン)を訪問した際の費用を企業側に負担させたと判断したということです。


講演料について関係者は、中国企業「500ドットコム」は2017年8月、那覇市で開催したIR関連シンポジウムで秋元容疑者に講演を依頼。同社の最高経営責任者とともに講演しました。

同社側は、秋元容疑者が3日後に内閣府の副大臣に就任する事実を知り、50万円の予定だった講演料を200万円に増額しました。

200万円は秋元容疑者の元秘書が代表を務める都内の芸能会社「ATエンタープライス」に振り込まれたとのことです。


最初の逮捕容疑と合わせ、賄賂の総額は約700万円に上る見通し
で、他にも資金提供などがないか調べを進めています。

 

秋元容疑者、容疑を否認

弁護士によると、秋元容疑者は「現金は受け取っていない。家族旅行費も秘書や事務所が処理したと思っていた。」などと供述し、容疑を否認しています。

また、中国訪問の際に同行していた自民党の白須賀貴樹・衆院議員(44)、勝沼栄明・前衆院議員(45)の地元事務所を捜索し、任意で聴取しているとのとです。

 

別の賄賂が発覚し、新展開を迎えた汚職事件。
他にも資金提供があるのか、今後の捜査が気になります。

 


【関連記事】
IR関連企業 外為法違反か 秋元衆院議員から任意聴取
IR汚職事件 維新・下地議員100万円受領
【IR汚職】500ドットコムとは
【IR汚職】誘致検討中 他候補地の反応は
【IR汚職】秋元容疑者再逮捕 下地議員も離党届提出する

この記事のタイトルとURLをコピーする