マカオ カジノ関連犯罪増加で取り締まり強化│オンカジの評判

マカオ カジノ関連犯罪増加で取り締まり強化

カジノ関連犯罪件数 前年より14.5%増の2157件

1月9日午前、マカオ司法警察局はプレス関係者を対象とした迎春座談会を開催しました。
冒頭では、

  • 2019年の犯罪概況
  • 法執行活動
  • コミュニティー・ポリシング(地域住民の参加・協力による警民一体の警察活動)

に関する簡単な説明が行われました。


マカオといえば、約32平方キロと小さな地域に40軒ものカジノ施設が建ち並び、カジノの売上は世界最大の都市として知られています。
司法警察局は、社会の安全と安定を保持するため、昨年の2019年は年間を通じてカジノ関連犯罪に対する取り締まりを強化しました。

2019年通期のカジノ関連犯罪認知件数は前年から14.5%増の2157件、
カジノ関連犯罪での送検人数は14.1増の2500人に上ったと報告されています。
引用:マカオ新聞

◉ カジノに関する主な犯罪

高利貸し(602件)2019年 8.7%増
高利貸しが原因の違法監禁(344件)2019年 11.7%増

 

画像出典:マカオ新聞

マカオ司法警察局の取り締まり


カジノフロア内における高利貸し犯罪をターゲットとした専門部隊を新たに3チーム編成
 →前年の倍となる59件の高利貸し事案の摘発に成功、大きな防止効果も。

カジノフロアにおけるスリ対策専門チームを編成しパトロールを強化
 →前年以降、窃盗事案は2割超の減少。

 

換銭党対策


前年から、違法な紙幣両替に従事する「換銭党」が絡む強盗・詐欺事件が増加しているため高い警戒を維持し、警察総局の指揮を下にパトロール及び摘発を強化しています。
換銭対策として、昨年司法警察局・ギャンブル規制当局(DICJ)・カジノ運営企業の三者で定期会議メカニズムを確立しました。
昨年から司法警察局が換銭党リストをDICJと共有し、カジノフロアへの入場を禁止する措置を導入しました。

 

良好な治安環境作り


  • 司法警察局とカジノ運営企業による合同ワークショップを継続的に開催
  • カジノ従業員のモラルと犯罪通報能力の向上への取り組み

これらの取り組みを行い、カジノ業界の秩序ある発展のための良好な環境作りに臨んでいくということです。

 

マカオ カジノに関する過去の犯罪

業務上横領容疑で男女を逮捕


12月13日マカオ司法警察局は、不正行為で運営企業に損失を与えたとして、カジノディーラー職の女性(38)とその仲間の男性(39)の2人を逮捕しました。

12月11日午前、カジノ運営会社の監視部門より「録画映像を確認したところ、ディーラーが担当していたバカラテーブルにおいて、客に対して両替時や配当を払い出す際に、本来よりも多くのチップを渡す不正行為が6回確認されたため、警備スタッフを現場へ向かわせ、2人を押さえた」との通報を受け、警察官が急行し身柄を確保しました。

ディーラー職の女性はこの客に扮した男と友人関係にあることを認めた上、中国本土での投資で多額の借金を背負い、その債権者の1人がこの男性だったといい、借金返済のめどが立たない中、男性からそそのかされて犯行に及んだと供述しました。
2人は2019年11月から同じ手口で10日間以上にわたって犯行を繰り返し、60万香港ドル(日本円換算:約841万円)近くを騙し取ることに成功したといいます。
犯罪で得た所得は山分けし、ディーラー職の女性は約30万香港ドル(約421万円)を手にしたということです。一方、男性は詳しい供述を拒否しているとのことです。

 

勤務先からチップを持ち出し、女性を逮捕


12月16日、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設カジノに勤務するマカオ人のカジノディーラー職の女性(56)は、勤務先から少なくとも5回にわたってゲーミング(カジノ)チップを持ち出したとして、業務上横領容疑で逮捕されました。

12月14日午後、カジノ施設を監視するスタッフが1人のディーラーがゲーミングテーブルを担当中に不審な動きをしたのを発見し、詳しく調査を行ったところ、チップ置き場から額面1万香港ドル(日本円換算:約14.1万円)のチップ1枚を掌の中に隠すようにして抜き取り、素早くシャツの袖に入れており、休憩で持ち場を離れた際に、バックヤードにある個人用ロッカーに持ち込んだ可能性があるとして、警察に通報がありました。

警察官が現場に駆けつけ、当該ディーラー職の女性の身柄を確保しました。
女性は警察の調べに対し、客が少ないタイミングを狙い、同様の手口で1万香港ドルのチップを5回にわたって持ち出したと犯行を認めました。

警察が女の個人用ロッカーを捜索したところ、1万香港ドルのチップ1枚が見つかりました。女性は過去4回分の計4万香港ドル(約56万円)分のチップについては、既に使い果たしたと説明しています。犯行動機については、ギャンブル依存が理由だとしています。
女性はこのカジノ施設に勤務して5年とのことです。

 

旅行中に同行の友人からチップを盗み、女性逮捕


1230日、マカオ旅行中に同行の友人女性から10万香港ドル(日本円換算:140万円)分のゲーミング(カジノ)チップを盗んだとして、販売員の女(33)が逮捕されました。

容疑者は被害者女性とともにマカオを訪れており、ホテルの部屋も同じだったとのことです。
12月29日未明、2人はコタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設カジノ施設でゲームに興じた後、ホテル客室に戻り、そのまま就寝し翌朝、被害者が目覚めた際、容疑者の姿がなく、バッグの中に入れていた10万香港ドルのトップがなくなっているのに気づき、容疑者が前夜10万香港ドル負けていたことから、持ち逃げされたものとして警察に通報したということです。

その後、警察が捜査に着手し、容疑者の身元を特定しました。
同日、ホテルの警備員が容疑者を発見し、取り押さえ、身柄の引き渡しを受けたとしました。

容疑者は警察の調べに対し、犯行を認めた上、盗んだチップもすべて使い果たしてしまったなどと供述しています。

 

マカオのカジノではテーブルゲームの際、現金ではなくチップを使用します。

チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なりますが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル以上の高額チップも存在します。

チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができ、現金そのものです。

マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生しています。

 

日本でもカジノを含む統合型リゾートが建設される予定で、
現在は様々な議論が行き交う中、準備が進められています。

統合型リゾートの建設にあたり、
国民が懸念するのは、やはり依存症治安の悪化でしょう。
依存症と犯罪は切っても切れないと筆者は思います。
賭博に関する犯罪を犯すのは、大半が依存症の方です。

ギャンブル依存症対策、
施設の厳格な警備・取り締まりが求められます。
日本は、どんな体勢を取るのでしょうか?
マカオといった他の国を参考にしてみてもいいですね。
この記事のタイトルとURLをコピーする