米大手カジノ運営ウィン、IR候補地を横浜に│オンカジの評判

米大手カジノ運営ウィン、IR候補地を横浜に

11日、米大手カジノ運営ウィン・リゾーツ(以下ウィン)は横浜市に日本事務所を設立すると発表しました(詳しくはコチラ!)。

ウィンは世界でも大手と称されるカジノ企業であり、その動向は日本のみならず世界から注目されています。

こちらの記事では、横浜で新たに誕生するかもしれない、ウィン・リゾーツについてご紹介します。

ウィン・リゾーツとは

ウィンはアメリカ合衆国ネバダ州に本社を置くIR(統合型リゾート)の上場企業です。

最上級の追求をモットーに、あらゆる面で一流のサービスを受けることができると言われています。それを裏付ける証拠として、フォーブス・トラベルガイドでは、独立系ホテル企業としては最多の5つ星を獲得しています。

また、現在4つのリゾートが経営されており、それは以下の通りです。

ウィン・リゾート 施設一覧

名称所在地
ウィン・ラスベガスアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
ウィン・マカオ中華人民共和国マカオ特別行政区
ウィン・パレス中華人民共和国マカオ特別行政区
アンコール・ボストンハーバーアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン

 

これを見て分かる通り、ウィンは世界の大都市に展開する大手カジノ企業です。こちらの企業が横浜にIRを構えるとしたら、かなり大規模な施設が期待できそうですね。

日本におけるビジョン「世界中の人々から愛される施設へ」

冒頭にて述べたように、米カジノ運営ウィンが横浜市に日本事務所を設立すると発表しました。ウィンはフォーチュン誌「世界で最も称賛される企業」 (2009-2018)に選出されるなど、数多くの受賞歴を持ちます。

ウィンは日本におけるビジョンを「地域との共存・共栄」と掲げており、街全体・地域全体の魅力を高める「地域融合型リゾート(Integrated City Resort)」を目指しています。“完璧なリゾート体験”を実現するといわれていることもあり、その地域の活性化に大いに役立っているようです。

もちろんカジノ設置は成功例もあれば失敗例もあります。今後の動向によって横浜市にウィンのIRが設置されるかどうかが決まることになりますので、今後も目が離せませんね。

この記事のタイトルとURLをコピーする