カジノ誕生による雇用への影響│オンカジの評判

2025年には、日本にカジノが誕生すると言われています。

そのことにより、

  • 税収増加
  • 地域の活性化
  • 外国人観光客の増加
  • 国内雇用

などのメリットが考えられています。

(下記の記事もあわせてご覧ください♪)

【解説】IRとは?メリットデメリットまで解説します!

日本でIRを導入したら経済効果はどのくらい?

 

今回は『国内雇用』について書いていきます。

カジノの誕生により、新たな職業が増えることでしょう。

カジノの仕事は多種多様

少し簡単にまとめてみましょう。

  1. ディーラー
  2. フロア・パーソン
  3. コンパニオン
  4. ショーなどに出演するアーティスト
  5. ホスト

それでは、詳しく触れていきましょう。

 

ディーラー

・お客様と対峙してゲームの進行

・勝敗の判定やチップの配当、回収

(ミスが許されない為、多くのカジノでは

1時間の勤務と20分程度の休憩でローテーションを組んでいる。)

カジノのゲームに直接携わる仕事は他にも存在します。

ピットボス

・ディーラーのローテーション指示

・問題のあるお客様の対応

・支払い等のクレジット業務 など

テーブルゲームの運営管理の知識やピットの会計管理の知識も必要になる仕事です。

テーブルゲーム・マネージャー

・テーブルゲームの導入や配置

・ゲームのルールや掛け金などのゲームシステムの設定

・従業員の管理

・収支管理 など多くのお仕事を担います。

チェンジ・パーソン

・マシントラブルやジャックポットが発生した際に、お客様の対応

・お金をスロットマシン用のコインに両替する、お仕事です。

メカニック

・スロットマシンの保守、点検

 

フロア・パーソン

・数台のテーブルを監視

・配当支払い両替などに間違いがないかを確認

・ゲーム中に発生したトラブル、不正の監視

(インスペクター、スーパーバイザーなどと呼ばれる事もあります。)

 

コンパニオン

主に接客をするお仕事です。

 

アーティスト

カジノ以外にもショーやエンターテインメントでカジノプレイヤーを盛り上げます。

カジノの雰囲気を作るためにも必須ですね♪

 

ホスト

・顧客に対して販促活動を行う

ホストは顧客満足度の向上が目的であるため、

顧客と良い関係を築ける非常に優れた接客能力が求められるお仕事になっています。

 

他にも…


 

そもそも統合型リゾート(IR)が出来るということなので、

カジノだけでなくショッピングモール、宿泊施設などの複合型施設が誕生するのです。

なので他にも各施設の清掃員、警備員など、大幅に雇用創出されるでしょう。

そして、『外国人観光客の増加』も考えられているので、外国語の重要性も一気に高まります。

海外のカジノ雇用者数は、マカオ、シンガポール、ラスベガスなどカジノを導入した国では、

カジノ1施設あたり平均約8,000人の雇用を創出しており、国の失業率低下にも一役買っています。

カジノを含む統合型リゾート(IR)が出来るという事は8,000人程度の雇用が見込めそうです。

カジノで働くには専門的知識が必要なのでは?

と、疑問に思う方が多いかも知れません。

カジノディーラーといったお仕事は専門知識を要しますので、

ディーラーを目指したいという方は養成スクールなどに行く必要があります。

しかし直接カジノのゲームに関わらない「ノンゲーミング雇用」というのもあり、

こちらはカジノの知識や専門性がなくても気軽に働けます。

若者や定年退職後の高齢者、結婚・出産などの事情で

仕事を辞めた女性の働き口もそこに生まれることになりそうです。

ノンゲーミング雇用

ディーラーなどカジノのゲームに直接関わるものだけではなく、

セキュリティクリーニングなどのお仕事。

 

  • 華やかな場所で働きたい!
  • カジノが好き!興味がある!
  • 海外の人に接客してみたい!
  • 知識はないけれど、働きたい!

そんな方には向いているかも知れませんね♪

 

 

興味がある、働いてみたい!という方は、

ぜひ、オンラインカジノでルールなどを覚えてみるのもいいかも知れません♪

この記事のタイトルとURLをコピーする