カジノ依存症対策〜楽しく遊ぶ為に〜│オンカジの評判

カジノ依存症対策〜楽しく遊ぶ為に〜

カジノ法案が成立し、2025年にはカジノがオープンすると考えられている。

それに伴い2018年7月6日、「ギャンブル等依存症対策基本法」が参院本会議で可決され、成立。

日本にカジノができるという事で、

  • 経済効果
  • 雇用の創出
  • 観光業の活性化

などが期待されている中、

ギャンブル依存症』の増加が懸念されている。

IR整備法

カジノ法案(IR推進法)が成立した2016年12月から約1年半の期間を経て、

2018年7月20日に「IR整備法」が成立しました。

IR整備法とは「カジノを含む統合型リゾート(特定複合施設)を設置するための法律

特定複合施設…カジノ・宿泊・会場・レクリエーションなどの施設が一体したものです。

 

詳しい解説は下記の記事をご覧ください。

【簡単解説】IRとは?メリットデメリットまで解説します!

 

カジノ 事業への規制

カジノによるギャンブル依存症増加の防止、マネロン対策などの為に、

カジノ事業者には以下の者をカジノ施設へ入場させたり滞在させたりしてはいけない。

  • 反社会的勢力
  • 過去7日間に3回以上、または28日間に10回以上カジノ施設に入場した者
  • 20歳未満の未成年者

 

入場規制と入場料

・カジノ利用者は入場の際に、マイナンバーカードなどの身分証明書を提示

・日本人、居住社外国人は入場料として1回あたり6,000円が徴収される

 

楽しく、安全に遊ぶために

「カジノをやってみたい!」など少しでも興味がある方へ

ご自身がギャンブル依存症にならないために、

自らルールを作るなど対策することをオススメします。

例えば、

  • 賭ける金額を予め決めておく
  • 時間制限

(〜には帰る、〜には終わらせるなど終了時間を設ける)

  • ATMやクレジットカードを使わずに

手持ち金がなくなり次第、撤退をする など。

 

ギャンブル依存症の増加を防止する為に、

国、そしてカジノ事業者らは入場の規制の徹底などをすると思われますが

自分自身をコントロールすることも大切です。安全に、楽しくプレイしましょう。

 

オンラインカジノで体験♪

日本のカジノ施設が完成する前に、

体験してみたい!という方にはオンラインカジノをオススメ。

楽しく安全に遊んで頂く為にも、自制心を忘れずに!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする