横浜、カジノ誘致”内定取り消し”の気配。東京の再浮上とは?│オンカジの評判

横浜、カジノ誘致”内定取り消し”の気配。東京の再浮上とは?

国内IRの開設は全国で2〜3カ所しか設置されない見通しという事もあり、関東と関西に1カ所づつできるのでは?という案が有力視されています。

未だ予想が立ちにくい候補地の中でも関東では横浜。関西では大阪の可能性が高いと噂がされています。そんな優位に置かれている横浜ですが、実はカジノ誘致”内定取り消し”の危機に脅かされているとの見解が出ています。一体何が起きているのか見ていきましょう。

関東の有力候補地”横浜”の危機

 

 

冒頭でも挙げた通り、関東側の本命は横浜。と言われています。

”本命”と言われてるにも関わらず、これまでに横浜市長が誘致を表明しなかったのは、「表明するまでもなく、黙っていてもIRが横浜に転がり込んでくる」という目算があったからだ。

しかし、横浜財界のドンといわれる藤木幸夫氏が「カジノで横浜は発展しない」と反対を表明。藤木氏の抵抗はすさまじく、そのため観光関係者の間では「横浜のIRに黄信号が灯った」との見方が濃くなっていた。

 

東京の再浮上により横浜のカジノ誘致危機はさらに加速!?

 

東京都は石原都政時にカジノのプレイベントを開催するなど準備を進めていた。当時から都は台場一帯に用地を確保し、他自治体に先んじていたが、舛添要一氏が都知事に就任すると依存症対策の面からIR誘致はトーンダウン。

石原・猪瀬路線では東京の観光振興という目的から、
お台場にIRを誘致することで海外から観光客が集まると試算されていた為、IRは推進されていたのですが、今般の訪日外国人観光客の増加を見るにつけ、『IRがなくても十分に外国人は訪日してくれる』という確信が強くなっています。状況の変化もあって、東京都はIRに消極的なスタンスに転換したのではないかと言われています。

加えて、現在の小池百合子都知事もIRへのスタンスを明確にしてこなかったため、都は一貫してIR誘致に消極的だとみられてきた。それが「IRは横浜」という機運を強くした。

 

しかし、空港からのアクセスなどを考慮した財界から『東京にIRを』とのプッシュは強くなりつつあり、横浜の危機は加速していると見られています。

 

 

 

IR誘致を正式表明し、本格的に動き始めたか!?

 

 

正式表明を発表した横浜市は、正々堂々とカジノ運営者やデベロッパーなどと交渉をすることが可能になった。業界関係者の間では「横浜がわずかにリードした」と分析されている。しかし、予断を許さない状況は変わっていない。
今後もIR誘致の動きは目が離せませんね。

 

移動時間の必要なし!オンラインカジノがオススメ!

 

財界が空港からのアクセス時間を気にし始めた事もあり、

憧れのカジノで遊ぶには飛行機に乗って、長時間移動時間を使い、海外リゾートへ行かないといけないと思っていませんか?

 

オンラインカジノであれば自宅や、移動中で電車内、あるいは仕事のお昼休みに自分のパソコンやスマートフォンから簡単にプレイできるのです!

 

オンラインカジノと言えど、実際のディーラーと対戦できるライブゲームもあり、まるで実際のカジノに遊びにきているような臨場感を味わえます。

 

 

様々なオンラインカジノがある中で、どこでプレイをするか悩んでしまいますよね、

そこで、私のオススメはあの有名なメイウェザーと公式契約をしたBetrnkというオンラインカジノがおすすめです。豊富なゲーム数に、日本語サポート対応ですので、安心してプレイできます!

ぜひ一度体験してみましょう!

 

 

Betrnk公式サイト

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする