北海道、統合型リゾートIRの誘致断念を発表│オンカジの評判

北海道、統合型リゾートIRの誘致断念を発表

全国初、北海道がカジノを含む統合型リゾートIRの誘致を断念発表

 

11月末日、北海道の鈴木直道知事は、道会議でカジノを含む統合型リゾート、通称IRの誘致を断念する意向だと発表しました。

 

   誘致を表明している地域の中で、断念を発表したのは、のことです。

 

鈴木知事は、「私自身熟慮に熟慮を重ねた結果、誘致に挑戦させてほしいとの思いに至ったが、今回、区域認定までの限られた期間で環境への適切な配慮を行うことは不可能だと判断した」と国への申請を断念する方向だと述べました。
それに対し、苫小牧市長や各自治体からは、否定的な声が目立つ結果となりました。
しかし知事は、「IRは経済・社会に大きなインパクトを与え、持続的な発展に寄与するプロジェクトだ。きたるべき時に挑戦できるよう、所要の準備をしっかりと進めていく」とも述べており、今後の誘致に関しての可能性を示唆しました。

北海道の候補地って?

北海道は、IRの候補地として苫小牧市植苗地区を上げてきました。

 

この地域は苫小牧市内では、もっとも新千歳空港に近く、シャトルバスで10分程度という好立地です。アクセスという面で地方の誘致候補の中では、最有力とされてきました。

 

それだけに、北海道の誘致断念は非常に残念ではありますが、他の誘致を表明している地域にとっては良い知らせとも言えるでしょう。

 

断念に至った理由

 

鈴木知事の発言で、『環境への配慮』というワードが出てきましたが、具体的にどういうことなのかみていきましょう。

 

実は、誘致候補とされていた苫小牧では、以前から実地調査が行われていて、天然記念物とされているクマゲラやオオタカの巣の存在が確認されていました。これが誘致反対派の意見として多数であった理由でもあります。

 

そして、今回はこの1点のみを理由に上げました。

先程、今後の誘致に関しての示唆として発言を取り上げましたが、時間をかけて「環境問題」が解決すれば誘致していくつもりであると言えるでしょう。

 

今まで北海道の誘致に関して、環境問題はもちろんですが、インフラ整備への時間、費用の目処が付いていないことや、道民の半数以上が誘致に不安感情を持っていることが課題とされてきました。

実は、上記の環境問題以外の課題については、他の誘致地域にも当てはまる事柄であるため、理由に上げてしまうと影響が出かねないと懸念して、発表では環境のことだけを取り上げたと推測できます。

 

日本全体でIR誘致に関してマイナスイメージになると後々の誘致にも問題が出てきますからね。

クマゲラ

 

オオタカ

オンラインカジノでカジノ体験!

 

IR誘致に注目が集まる今、カジノを早くやりたい!という方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはオンラインカジノがおすすめです。オンラインカジノは、マルチデバイス対応がほとんどですので、好きな時に好きな場所でプレイできちゃいます!

 

最近では、あのメイウェザーと公式契約をしたBetrnkというオンラインカジノがおすすめです。豊富なゲーム数に、日本語サポート対応ですので、安心してプレイできます!

ぜひ一度体験してみましょう!

 

Betrnk公式サイト

 

この記事のタイトルとURLをコピーする