【Bitcoin】仮想通貨のウォレットに関して│オンカジの評判

【Bitcoin】仮想通貨のウォレットに関して

ビットコイン取引所内のウォレットでもビットコインの保管はできますが、オンライン上のサービスでありなおかつ利用者の多い取引所はハッキングの対象になりやすく、実際にハッキング被害に遭った例も報告されています。

安全にビットコインを運用していくため、ビットコインの保管・管理には必ず専用のウォレット(財布)サービスを利用しましょう。

まだビットコインを所有していない方へ 【Bitcoin購入方法はこちら

1.ウォレット(財布)の種類を選ぼう

ウォレットには、以下の4種類があります。

  • ローカルウォレット(PCやスマホ上の財布)
  • ウェブウォレット(web上の財布)
  • ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
  • ハードウェアウォレット(端末機器を使用した財布)

ウォレットの種類によって使い方やメリット・デメリットも異なるので、詳しく説明して行きます。

どのウォレットが良いかはユーザーの利用スタイルによって相性があるので、自分に合ったウォレットを選んでください。

ローカルウォレット(PCやスマホ上の財布)とは

ローカルウォレット

自分のPCやスマホにインストールして、ローカル環境(インターネットに繋がずにPCやスマホの中)で管理するタイプのウォレットです。
高機能で、インターネットに接続しないためセキュリティにも優れています

 

メリット

・ウェブウォレットよりもセキュリティが高い
・スマホの場合、QRコードによる入出金がかなり便利

デメリット

・インストール、初期設定等が面倒
・PCやスマホの故障、ウイルス感染などで取り出せなくなる可能性がある

サービス一例

・Copay【→公式サイト
・Electrum【→公式サイト
・Coinomi【→公式サイト】 ※androidのみ対応

ウェブウォレット(web上の財布)とは

ウェブウォレット

インターネット上でビットコインを管理するウォレットのこと。インターネット環境さえあればどこでも管理でき、たいへん便利です。大金の管理には向きませんが、手軽さ・便利さに優れているウォレットです。

 

メリット

・口座開設、設定等が簡単
・インターネット上で管理するため、ネット環境があればどこでも管理可能

デメリット

・ハッキングなどによる盗難の可能性がある
・ネット環境がない、もしくは一時的な接続不可の場合、利用不可

サービス一例

・Blockchain.info【→公式サイト
・Coinbase【→公式サイト

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレット

ビットコインアドレスと秘密鍵を印刷し、紙ベースで保管する方法をペーパーウォレットといいます。簡単にいうと、口座番号と暗証番号をメモして保管しておくということです。

かなりアナログな方法ですが、セキュリティ上はこれが一番安全とされており、大金の保管や長期的な保管の際に多く用いられています。

 

メリット

・セキュリティ上、一番安全だと言っても過言ではない管理方法
・長期に渡る保管、大金の保管に最適

デメリット

・頻繁に引き出すような使い方には不向き
・長期に渡って保管する場合は、紙の印字の劣化などに注意が必要

サービス一例

・bitaddress【→公式サイト

ハードウェアウォレット(端末機器を使用した財布)とは

ハードウェアウォレット

USB型などの専用の端末にビットコインを保管し管理する方法のことです。

ペーパーウォレットのようなオフライン型のウォレットと、ウェブウォレットなどのオンライン型ウォレットのメリットを併せ持っています。

 

メリット

・オフライン環境での保管の為、セキュリティが高い
・長期に渡る保管、大金の保管に向いている

デメリット

・頻繁に引き出すような使い方には不向き
・専用端末が故障するリスクがある

サービス一例

・Trezor【公式サイト
・Ledge【公式サイト

2.自分に合ったウォレットでビットコインを安全に保管しよう

ビットコインは通常のお金と違い、インターネット上でのみ存在する通過です。
そのため、セキュリティー対策・管理方法の選択は特に注意して利用するようにしましょう。

上記4つのウォレットの形式は様々で、それぞれにメリット・デメリットがあり、それぞれの使用頻度や取扱い金額などに応じて最適なウォレットは変わってきます。なので、安全にビットコインを管理・保管するため、ウォレット選びは慎重に行うようにしましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする